Project

サステナビリティ
化粧品ブランドを目指して
「人と自然の調和」

サラヤはJojobleを通して、
エジプトの砂漠緑化を支援し、
SDGsに取り組みます

砂漠緑化プロジェクトロゴ

国土の9割以上に未利用の砂漠が広がるエジプト。地球温暖化などの気候変動や食糧生産基盤の低下、生物多様性の損失などが問題視されるなか、サラヤはその地でホホバ栽培の第一人者であるDr.ナビルと出会いました。
そこで、砂漠でもたくましく育つホホバのチカラに着目。荒涼とした地にいのちを生みだすため、ホホバ研究の取り組みをはじめ、エジプトの砂漠に自社農園*1を設立しました。
*1協力会社:株式会社シモンド

砂漠緑化プロジェクトロゴ

広大な砂漠の有効活用に貢献するために生まれたJojobleは、エジプト産ゴールデンホホバオイルを使った自然派ケア化粧品。お客様が使うほどエジプトの砂漠の緑化が進む、お客様と環境をつなぐ、そのような持続可能な循環型社会を目指しています。

提携農園 オーナー
Nabil El Mogy氏(Dr.ナビル)
Dr.ナビル氏

Dr.ナビルはエジプトにおけるホホバの栽培の第一人者。
1985年、Dr.ナビルは砂漠でもたくましく育ち、その種から採れるオイルは化粧品や医薬品にも使われるというホホバの論文を読み、そのチカラを信じ、エジプトで初めてホホバの栽培を始めました。経験のないエジプトでのホホバ栽培に苦労を重ねながら砂漠の開拓を進め、良質な苗の選定とホホバのさらなる可能性について日々研究。エジプトの広大な砂漠の有効活用に貢献しています。

Dr.ナビル氏
購入はこちら
SARAYA公式通販
SARAYA楽天市場店
amazon